狭山市都市緑化植物園

新着!!見頃情報

 今年の春は寒の戻りが多く、桜も開花してからゆっくりと満開になりました。この時期の植物園は桜を始め、ユキヤナギ、レンギョウ、シジミバナ、ヒュウガミズキ ミツバツツジ、ハナモモ・・・といった具合に、どこをみても花が咲いています。穏やかな春の一日、ご家族そろって植物園にお越しください。(2019/4/6)

見所1

シダレザクラ

 ソメイヨシノが花吹雪となる頃、シダレザクラが見頃となり、一年の中で最も華やかな瞬間が訪れます。ソメイヨシノの淡いピンク色とシダレザクラの少し 濃いピンク色のコントラストが美しく、バラ園や大花壇の階段上からの眺めがオススメです。
 見頃は4月上旬~4月中旬 芝生広場で見ることができます。

見所2

チューリップ

 植物に詳しくない方でも、年齢にかかわらず誰もが知っている花です。原種はトルコやイランなどが中心ですが、生産地としてはオランダが中心となっています。 チューリップやユリはがくの部分が花弁状に変化しているため、つぼみは緑色でも花が開くと同時に花の色に変化していきます。
 見頃は4月上旬~4月中旬 アジサイ園、記念樹の森、駐車場で見ることができます。

見所3

セイヨウザイフリボク

 葉が出る前に白い花をたくさん咲かせる、近年人気の花木です。別名ジューンベリーの通り、6月には赤い実をたくさん実らせ、そのままでも食べられます。 ジャムにして保存されることも多く、花と実、そして秋の紅葉と3度楽しめる木です。
 見頃は4月上旬~4月中旬 薬草園で見ることができます。

見所4

ハナミズキ

 庭木や公園、街路樹などに人気の春の花木。アメリカ原産ですが、日本の春には欠かせない存在となっています。大きく広げた枝にたくさんの花が咲く姿が 好まれますが、強い剪定を嫌うので、放任せず、弱剪定で維持する方が向いています。花弁に見えるのは苞(ほう)と呼ばれる器官です。
 見頃は4月下旬~5月上旬 芝生広場、駐車場で見ることができます。

見所5

ハンカチノキ

 当園のシンボル的存在であるハンカチノキは、ゴールデンウィーク前後が開花期です。花弁がなく2枚の白い苞(ほう)がつき、他の植物にはない独特の姿をしています。 その見た目から「幽霊の木」や「鳩の木」の別名もあります。開花状況はFacebookでもお知らせします。
 見頃は4月下旬~5月上旬 バラ園入口で見ることができます。

お問い合わせ

狭山市都市緑化植物園 緑の相談所
TEL (04)2952-6131
電話受付時間 08:30~17:00
緑の相談所は12/31・1/1はお休みです。

▲ 上へ戻る