放流魚種

■ニジマス


体長40cm~120cm。温度変化に強く、雑食性で冬でも盛んに餌を食べます。一番釣りやすいサケです。

放流予定

■ブラウン トラウト


体側は黄褐色、やや大きい黒色点がハッキリしていて白や薄青色で縁取られた赤色班が発達しているのが特徴だが、全く朱赤点のない固体も存在します。 体長は20~50cm前後 魚食性の強いトラウトで回遊性は薄く、岩陰など障害物に隠れ、縄張り意識がとても強いのが特徴で、食性はきわめて攻撃的、貪欲です。

現在、放流予定はありません。

■イワナ


体色は褐色で体側に淡褐色斑が散在するが,住んでいる場所により地域変異が著しい。 体長25㎝前後。大変貧食な魚で上流から流れてきた物で、食べられそうな物だと何でもくわえてしまいます。

現在、放流予定はありません。

■イトウ


体は細長く、体高は低い。頭部背面が平坦なことが、ほかのサケ・マス類と大きく異なる。 背面は青味がかったオリーブ色あるいは褐色、側面は銀白色で、腹面は白い。頭部から尾部までの背側面には、小黒点が多数散在する。

現在、放流予定はありません。

ページトップへ戻る