動物園に勉強にきた学生が
作った製作物や学んだことを報告します。


将来動物園や動物の仕事をしたいと考えている学生を実習生として受け入れています。
動物の飼育作業のほかにも、みなさんに動物のことを伝える仕事なども体験してもらっています。


2009年までの報告はこちら

2013年までの報告はこちら

2016年度までの報告はこちら

 首の動きの違いについて
(2018年3月31日)

 

埼玉動物海洋専門学校
向田 弥生

☆実習生のコメント☆
2週間の実習の中で、給餌の準備や舎内の掃除など、飼育に関する様々な事を経験し、同じ動物でも、野生下と飼育下での環境の違い、またそれぞれの動物園での飼育環境やその中での社会性などの様々な要因がその個体に関係している事を実習を通して改めて感じると共に、飼育係として動物に関する一般的な知識だけではなく、一頭一頭が違うと言う事を念頭に、日々飼育を行う事が大切であると学ぶことが出来ました。

また、製作物では、対象とする来園者の年齢層を踏まえながら内容を考えるなど、ただ自分の書きたい事を書くだけではなく、それを通じて、何を知ってもらいたいか?どうすれば楽しく読んでもらえるか?を考えながら行う難しさを感じ、同時に自分で考え作成したものを実際に設置し、観てもらう機会を得られた事は、大変勉強になり、今後の学習の中でもこの経験を活かしていきたいと思います。

向田さんがこの看板を作ったきっかけは、来園者の方々の会話だったそうです。どんな製作物を作ろうかと園内を回っている時に、聞こえた会話に耳を傾け、疑問に対処出来るように、この看板を作製してくれました。この看板で、人とフクロウの首には、どんな違いがあるのか学んでみて下さいネ!
(HP担当者)




 大宮公園小動物園なう!
(2017年11月14日)
 


大宮国際動物専門学校
赤岩 洋昌 
田村 隼人

☆実習生のコメント☆
私は大宮公園小動物園の素晴らしさを知ってもらいたいと思いこの看板を作製しました。苦労した点もありましたが、身に付いた技術を基に、1つ1つの作業に力を込めて作製しました。
                                                       赤岩

私は、実習に来て、この動物園で「個体の性格や特徴を把握して1頭1頭に合う環境を作る。」動物への思いを学ぶ事が出来ました。そのことをもっと知ってもらいたいと考え、園の出入り口に掲示板を作製しました。「今、動物園ではこんな事が見どころです」とたくさんの人に知ってもらい、動物たちに会いに来てもらいたいです。
                                                       田村


赤岩君と田村君は、園の外にある掲示板のリメイクをしてくれました。工夫をしてくれ、SNS風の看板となりました。職員数が少ないため、なかなか飼育係と会えない当園。2人の作製してくれた看板は、題名の通り「大宮公園小動物園なう!」.
現在の大宮公園での見どころを伝えていきたいと思います。来園の際は、この掲示板で旬な見どころをチェックしてくださいね!
(HP担当者)





 アナグマの展示場
(2017年10月12日)
 


埼玉動物海洋専門学校
岩下 茜

☆実習生のコメント☆
私は、アナグマの展示場を作製しました。アナグマは夜行性で昼間は巣穴に居る事の多い動物です。動物園のアナグマも昼間は巣箱の中にいる事が多く、現在の展示場に置いてある巣箱は、来園者から遠く、見えにくい位置にあります。そこで、私はその巣箱の中のアナグマの様子を皆さんに観察してもらえるように、なるべく園路の近くに巣箱を置く台を作製しました。水はけを良くするために傾斜がついている展示場に巣箱を平衡に置けるように台を作るのは苦労しました。ぜひアナグマの昼間の様子を観察してみて下さい。


岩下さんにもアナグマの展示場の作成をしてもらいました。夜行性のため、昼間は、寝ている事が多いアナグマですが、その寝ている姿を観察できるように、と考えてくれました。実は園路に一番近い所には、排水溝があります。また、高さもあるため、そのまま直接地面に置いてしまうと、隠れて見えない部分が出来てしまいます。そこで、。巣箱を置く台を作製し、巣箱全体が観察できるようにしてくれました。巣箱の中でどんなふうにアナグマが寝ているのか、観察してみて下さいね!
(HP担当者)




 アナグマの展示場
(2017年10月12日)
 


埼玉動物海洋専門学校
金井 優花

☆実習生のコメント☆
皆さんはアナグマを知っていますか?私はあまり知りませんでした。今回、アナグマの展示場を作るにあたり、アナグマについて調べ、どういった工夫をすれば動物が遊んでくれるだろう?と考えながら製作にあたりました。野生のアナグマは土を掘って巣を作ります。でも、木の上に登ったりすることもあるようです。なので、はしごや丸太のスロープを作り、それらを使って動き回れるような物を私なりに考え、作ってみました。動物がケガをしない様に、ネジは出ていないか。木がグラグラしないかなど、確認しながら作ったので、引っ越してくるアナグマが安全な場所でのびのびとできる様な空間が出来たと思います。アナグマ共々見守って下さい。


金井さんには、アナグマの展示場を新たに作ってもらいました。展示場を整備する際、そこに入る動物の事を良く考えなくてはいけません。野生下ではどのような所で、どのように生活しているか?それに合わせ木を入れたり、土を入れたり。飼育係が動物の事を考え、展示場を作ります。
金井さんの製作してくれた展示場で、アナグマがどのように過ごすのか?こうご期待!
(HP担当者)




 ウコッケイの卵について
(2017年9月15日)
 

 
日本獣医生命科学大学
武内 友里恵

☆実習生のコメント☆
「ウコッケイ」という鳥は、ほとんどの人が知っていますが、ウコッケイの卵がどうして高価なのか?という事を知っている人は少ないのではないか。と思い、この看板を作りました。
看板を作るにあたって、ウコッケイについて、たくさん調べ、私自身もとても勉強になりました。動物園を訪れた際は、是非この看板を観て、ウコッケイの卵が高価な理由を学んで下さい。


キジ舎の掃除をしていると、来園者の「これがウコッケイ?卵が高いんだよねー!」という声が、度々聞こえてきます。しかし、皆さんは卵が高価な事は知っていても、なぜ高価なのか理由を知らない方がほとんどだと思います。そこで、武内さんが、その理由を分かりやすくまとめて、看板にしてくれました。この看板を観て、理由を知るとなぜ高価なのか納得できるかも?!
(HP担当者)



 ニホンザルの相関図
(2017年8月31日)
 

 
東京農業大学
門井 真梨乃

☆実習生のコメント☆
私は、この動物園にいるニホンザルの相関図を題材に看板を製作しました。
サルの担当者から、ここにいるサルそれぞれの見分け方や性格、特徴について色々な話をしていただきました。
普段、私は動物園に足を運んでも、ニホンザルは、あまり観ず、他の人気のある動物の方を観てしまう傾向にあります。同様に来園者の様子を見ていても、ニホンザルを観ている時間よりも、カピバラなどの人気のある動物を観ている時間の方が長いようでした。私自身も担当者に説明してもらうまでは、ニホンザルの魅力に気付きませんでした。そこで、どのようにしたら、来園者にニホンザルの魅力に気付いてもらえるか考えたところ、それぞれの個体を見分ける事が出来たら、面白いと思ってもらえるのではないかと考え、相関図を作る事に決めました。
この相関図には写真がないので、反対側の個体写真を見ながら活用して頂けると幸いです。また、オスは青、メスは赤。赤ちゃんは黄色と色分けし、若い個体が色が淡く、年を取るにつれ、濃くなっている所もポイントです。


当園では、10頭のニホンザルを飼育しています。見慣れないと、どの個体も同じに見え、大人と子供と赤ちゃん。の様に体の大きさによって見分ている印象があります。しかし、よく観察していると、1頭1頭それぞれ個性があり、顔も似ているようで、それぞれ違う事が分かります。しかし、それを判別できるようになるには、少々時間が掛かってしまいます。そこで、今回、門井さんが作製してくれた相関図が役に立つのです!相関図と個体紹介の写真を見ながら、動き回っているニホンザルたちを観察してみる。すると、「今、自分が観ている個体が誰なのか。」が分かってきます。この相関図を、観察や個体識別をするきっかけとして、利用してみて下さい。
(HP担当者)




 カメの日光浴
(2017年8月14日)
 

 
東京コミュニケーションアート専門学校
小泉 壮太

☆実習生のコメント☆
最近、公園や池、川などでよく見るカメは実は、「ミシシッピアカミミガメ」という外来生物が大半なんです。大宮公園小動物園にいるミシシッピアカミミガメは暑い時期にカピバラの池でよく日光浴をしているので、それを基に看板を作製しました。
カメが日光浴をする理由と日本で問題になっているミシシッピアカミミガメのもたらす被害の事を分かりやすく写真とイラストを載せて作成しました。この看板を観て、身近なカメを観察しながらカメについて興味を持ってもらえたら嬉しいです。


ミシシッピアカミミガメとは、ペットショップやお祭りで売られている「ミドリガメ」の別名です。名前の通り緑色をしていて5cm程度の大きさで、可愛らしく見えますが、成長すると、30cm程度にもなり、寿命も20年以上と長生きします。
小泉君は、カメがなぜ日光浴をしているのか?しないとどうなるのか?という事、現在、日本で野生化しているミシシッピアカミミガメの問題などをまとめた看板を製作してくれました。
看板を観ながら、カピバラ池で日光浴しているカメたちを探し、どんな問題を抱えているのか、考えるきっかけとなればと思います。
(HP担当者)




 アムールヤマネコとベンガルヤマネコの違い
(2017年4月15日)
 

 
日本獣医生命科学大学 
齊藤 千祥

☆実習生のコメント☆
アムールヤマネコとベンガルヤマネコの違いを皆さん知っていましたか。私は、この動物園に実習に来て、初めて知りました。そこで、来園者の方たちにも知ってもらいたく、この看板を作りました。少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです。
また、ヤマネコたちは1頭1頭、顔も性格も違います。よく観察して違いを見つけてみて下さい。


当園では2種類のヤマネコをそれぞれペアで飼育しています。このヤマネコの違いやある法則の事を分かりやすくまとめてくれました。2種類のヤマネコを見比べながら、この看板で違いを確認してヤマネコについて学んでみてくださいね。


(HP担当者)



Copyright(C) OMIYA PARK ZOO 2010-2018