カメのなかま

クサガメ

クサガメ
学名Chinemys reevesii
英名Reeve's pond turtle
分類カメ目 ヌマガメ科
分布本州・四国・九州、朝鮮半島、台湾、中国東部

すみか たべもの くらし 卵の数 活動
ぬまち 水の中にすむ小さなどうぶつ いっとう 4〜11 ひる

四肢の付け根から独特の臭いを出すことから名づけられました。また、甲らにある3本のでっぱったすじが特徴です。

ニホンイシガメ

ニホンイシガメ
学名Mauremys japonica
英名Japanese Pond Turtle
分類カメ目 ヌマガメ科
分布日本(本州〜九州)

すみか たべもの くらし 卵の数 活動
ぬまちかわ 水の中にすむ小さなどうぶつ いっとう 4〜10 ひる

日本の固有種です。甲らのでっぱりが中央に1本あります。また、甲らの後ろにギザギザの切れ込みがあるのが特徴です。当園では春から秋ごろまで ウサギと一緒に展示しています。

アルダブラゾウガメ

アルダブラゾウガメ 
学名Geochelone gigantea
英名Aldabra Giant Tortoise
分類カメ目 リクガメ科
分布セイシェル

すみか たべもの くらし 卵の数 活動
そうげん 草や葉 いっとう 12〜14 ひる

世界で2番目に大きなリクガメです。体が重いので、移動させるときや体重を計るときは2人がかりで持ち上げます。 天気がいいときは外にでて日光浴をしています。

ヒョウモンガメ

ヒョウモンガメ
学名Geochelone pardalis
英名Leopard Tortoise
分類カメ目 リクガメ科
分布アフリカ南東部

すみか たべもの くらし 卵の数 活動
そうげん 草や葉 いっとう 6〜15 ひる

甲らのもようがヒョウ柄に見えるため、この名前がつけられました。このもようが草原で保護色の役割を果たしていると考えられています。

ビルマホシガメ

ビルマホシガメ 
学名Geochelone platynota
英名Burmese Star Tortoise
分類カメ目 リクガメ科
分布ミャンマー

すみか たべもの くらし 卵の数 活動
森や林 草や葉 いっとう 4〜8 ひる

一時期は絶滅したと思われていました。乱獲などにより個体数が激減してしまいましたが、今は繁殖プロジェクトができ、保護されています。

ホウシャガメ

ホウシャガメ 
学名Geochelone radiata
英名Radiated Tortoise
分類カメ目 リクガメ科
分布マダガスカル

すみか たべもの くらし 卵の数 活動
森や林 草や葉 いっとう 2〜12 ひる

甲らはドームのように丸く、放射(ほうしゃ)状の美しいもようがあります。ペット用の乱獲や生息環境の悪化によって個体数が減少しているため、 ワシントン条約で保護されています。

ケヅメリクガメ

ケヅメリクガメ 
学名Geochelone sulcata
英名African Spurred Tortoise
分類カメ目 リクガメ科
分布アフリカ中部

すみか たべもの くらし 卵の数 活動
そうげん 草や葉 いっとう 15〜17 明け方と夕方

世界で3番目に大きくなるリクガメです。後あしに蹴爪(けづめ)状の突起があることから、この名前がつきました。