ニュース詳細

2017.5.26

プーズーの赤ちゃんがうまれました(プーズー舎)

 5月14日(日)、プーズーのメスの赤ちゃんがうまれました!
 プーズーはシカ科で最小の動物で、国内で飼育しているのは当園のみです。昨年の12月から公開し始め、今年の2月9日にお父さん「サイ」、 お母さん「ピノ」のペアから初めての赤ちゃん、オスの「ラピス」がうまれました。
 今回が国内で2例目の繁殖になります。お母さんは2歳の「スミレ」。初めての出産でしたが、落ち着いて上手に子育てしています。 赤ちゃんはパドックではしゃぐこともあり、とても元気な様子です。幼いうちは背中の鹿の子模様がくっきりしていてかわいらしいですよ。
 現在は展示準備中ですが、6月1日(木)から公開する予定となっておりますのでお楽しみに!!2月うまれの「ラピス」はスクスクと大きくなっています。 放飼場で展示していることが多いので、今回うまれた赤ちゃんと大きさや模様を見比べてみてくださいね。
1頭目がうまれた記事はこちら
プーズーの赤ちゃん   プーズーの親子
鹿の子模様がくっきり!   お母さんのスミレと一緒に