沈床茶園

航空公園のあゆみ

沈床茶屋

日本の航空発祥の地、航空公園は2008年3月3日で30周年を迎えました。
この30周年記念事業として茶園をリニューアルし、飛行機をモチーフとしたトピアリーや花壇等を新設しました。
所沢航空記念公園の前身である所沢飛行機場は、明治44年4月、日本初の飛行機場として76.3haが整備され、以来、第二次世界大戦終了時までの間、わが国の航空界に多大な足跡を残しました。

沈床茶屋

大戦後はアメリカ軍の基地としてその機能を果たす中で、昭和30年代後半から熱心な返還運動が展開され、昭和46年、その努力が実って60%が返還されました。
現在は70%が返還され、国・県・市の各種施設が整備されていますが、このうち所沢航空記念公園部分は昭和47年に跡地利用計画の中で決定したもので、広さ50.2haに及ぶ県内最大級のこの都市公園は、「やすらぎの場」としての役割を果たすため埼玉県が整備した公園です。

▲ このページの上部へ戻る

歴史

歴史
年号 歴史
明治43年2月 臨時軍用気球研究会は所沢を飛行場用地として決定
44年4月 所沢飛行機場開設
4月5日早朝 徳川・日野両大尉が初飛行に成功
大正元年11月 大正天皇 所沢飛行機場来場
2年3月 木村・徳田両中尉のブレリオ式が旧松井村柿の木台に墜落
わが国初の航空犠牲者となる
8年1月 フランス航空教育団(フォール大佐以下46名)が所沢に到着
教育訓練にあたる
8年4月 陸軍航空部が設置され、所沢に航空学校及び補給部が設置される
(補給部は後に立川に移転)
13年5月 陸軍航空学校は陸軍飛行学校となる
明野(戦闘機)、下志津(偵察機)、浜松(爆撃機)がおのおの独立して飛行学校となる
昭和8年4月 少年航空兵教育のため東京航空学校が所沢に新設される
(その後東京村山に移転)
10年8月 所沢に陸軍航空技術学校が設立される
(その後立川に移転)
12年4月 所沢に陸軍航空整備学校が設立される
12年9月 所沢陸軍飛行学校閉校
20年2月 本土決戦に備え航空整備学校閉校
20年8月 第二次世界大戦終結。米軍が飛行場を接収し、航空通信隊として使用後に兵站センターに改称
42年3月 基地全面返還運動市民大行進が行われる
46年6月 米軍所沢基地の約60%が返還される
(現在は約70%が返還)
47年12月 所沢航空資料調査収集する会が発足
(航空発祥記念館設立のため)
53年3月 所沢航空記念公園がオープン
62年5月 航空公園駅オープン
平成5年4月 所沢航空記念発祥記念館を開設
平成11年 彩翔亭を開設
平成20年3月 沈床茶園をリニューアル
平成23年1月 飛行場ができて100年

▲ このページの上部へ戻る