埼玉県こども動物自然公園

レッサーパンダエリア

レッサーパンダ

レッサーパンダ舎

大きな2本のクスノキが立つ屋外放飼場と、暑さに弱いレッサーパンダのために冷房を完備した室内放飼場で彼らの活動する様子が見られます。
同じく寒い地方にすむシロフクロウとともにユーラシア大陸の冷涼な地域にすむ動物たちを観察してください。

レッサーパンダ
高い樹上で過ごす姿が見られるかも

こんな動物がいるよ

 ヤブイヌ舎

 南米にすむヤブイヌを展示しています。
広く草の茂った放飼場内を自在に動きまわる様子が観察できます。

こんな動物がいるよ

ミーアキャット舎

アフリカの乾燥地帯にすむ小さな動物たちの展示です。

こんな動物がいるよ

 プレーリードッグ舎

巣穴を掘って生活するプレーリードッグたちの生活を観察してみよう。
彼らと同じように地面から顔を出して生活も体験できます。

こんな動物がいるよ

マヌルネコ舎

モンゴルなどの高山地域にすむマヌルネコの展示施設です。

こんな動物がいるよ 

マヌルネコ

ecoハウチュー

ネズミの仲間をはじめ小さな動物たちを集めた施設です。日本初飼育のキボシイワハイラックス、ウスイロホソオクモネズミ、グンディも展示しています。動物たちの多彩なくらしぶりをじっくり観察してください。

ecoハウチューの由来

「eco(エコノミー・節約)」な「(省エネ)家(ハウス)」に暮らす、ネズミ(チュー)の仲間たちの生態「eco(エコロジー・生態学)」を紹介する施設という意味の造語です。また、動物たちの特徴的な「eco(エコノミー・節約)」な暮らしぶりも表現しています。

開館時間

開園~午後4時30分
新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、全面閉鎖しておりましたが、7月10日より昼行性ゾーンの展示を再開します。
夜行性ゾーンは閉鎖を継続します。

こんな動物がいるよ

【昼行性展示エリア】

【夜行性展示エリア】

お問合せ先

〒355-0065 
東松山市岩殿554

こども動物自然公園管理事務所

電話:0493-35-1234

FAX:0493-35-0248

メールでのお問合せ(外部リンク)

お客様のご意見をお聞かせください

このページは気に入っていただけましたか?

回答いただいた内容の理由や、このページついてのご意見・ご要望ございましたら、ご自由にお書きください。(任意回答・1000文字以内)

ページの先頭へ