ニュース詳細

2018.1.25

コアラの赤ちゃんが顔を出しました!(東園)

ジンベラン親子お母さんのジンベランと

 昨年7月11日にうまれたコアラの赤ちゃんが、今月の12日ごろから頻繁に顔を出すようになりました!お父さんは「コロン」、お母さんは「ジンべラン」です。 コアラの赤ちゃんは、うまれるとすぐ母親のお腹の袋の中に移動し、約半年間は袋の中で過ごします。昨年12月4日に一度顔を出しましたが、すぐに袋に戻ってしまいました。
そのあとは前あしや後ろあしが出ていることはたびたびありましたが、なかなか顔を出すのを確認できず、スタッフ一同まだかまだかと見守っていました。
 赤ちゃんは、もうすっかり毛が生えて、コアラらしい顔に成長しています。よく顔を出すようになり、顔を出したまま寝ていることもあります。 ジンべランはお腹の袋が大きくふくらんでいて、移動するときなどとても重そうです。ジンべランの体勢によって見えないこともありますが、袋の口からのぞく 小さな赤ちゃんの顔やあしに是非注目してみてくださいね。
 

 

プーズーのメス「ピナ」が死亡しました(プーズー舎)

プーズー、ピナ親子ラピスを産んだ頃のピナ

 プーズーのメス「ピナ」が1月16日(火)に死亡しました。
 プーズーは日本ではここでしか見られない、世界最小のシカです。一昨年の12月から公開していました。
 ピナは昨年の2月に「ラピス」を出産し、上手に子育てをしていました。今年の1月8日(月)ころから食欲の低下が見られ、 獣医による治療・投薬が続いていましたが残念な結果となってしまいました。
 ラピスをはじめ、他の5頭は寒さに負けず元気な姿を見せています。現在はプーズー舎の改修工事を行っているため展示室 からはご覧いただけませんが、放飼場にいる姿が観察できます。