ニュース詳細

2018.2.5

ヒツジの赤ちゃんがうまれました!(なかよしコーナー)

 1月22日(月)と2月3日(土)にヒツジの赤ちゃんがうまれました! 1月うまれの赤ちゃんのお母さんはクリームです。お母さんの名前がクリームなので、そこから「ブリュレ」と名付けました。2月うまれの赤ちゃんのお母さんはハナ。誕生日が節分の日なので、「マメタ」と名付けました。
 「ブリュレ」のお母さんのクリームは初めての出産でうまくお乳が出ず、そのままにしてしまうと病気になってしまうので、親子を離して治療を行っています。そのため、飼育係が人工的に哺乳を行って育てています。
 現在はなかよしコーナー内、ミニブタ舎の隣で過ごしています。暖かい日には外に出ていますので、会いにきてください!春になったら他のヒツジたちと同じ運動場に移動する予定です。元気に駆け回る姿を見に来てくださいね!

ヒツジの仔   ヒツジの仔
1月22日うまれの仔です。   ぐんぐん大きくなってるよ!  
 

 

コツメカワウソの赤ちゃんお披露目スタート!(コツメカワウソ舎)

 昨年の11月24日にうまれたコツメカワウソの3頭の赤ちゃんの展示を2月8日(木)から開始します。まだたくさんのお客さんに慣れていないため、初めは13時から15時までの公開とさせていただきます。カワウソたちをビックリさせないように静かに観察してみてくださいね。
 赤ちゃんたちは日に日に成長していて、活発に遊ぶようにもなりましたが、室内展示室にも戻れるように扉を開けているので、お母さんたちと巣箱の中で寝ている時間もあります。必ず見られるとは限りませんが、かわいい赤ちゃんたちに会いに来てくださいね!
※動物の体調によって変更する場合もあります。ご了承ください。
 室内展示室は観覧場所が狭いため、譲り合ってご覧ください。
コツメカワウソの親子   コツメカワウソの赤ちゃん
親子で一緒に行動中!   かわいい姿を見に来てね!  
 

 

すてきな名前をありがとう!

ひいなひいな

 2017年動物園ファンのつどいで開催した年忘れビンゴ大会で動物の命名権を勝ち取った方から素敵な名前がとどきました!
名前と、命名の理由をご紹介していきます!

★シマオイワワラビー(♀)★
名前…ひいな
私と同じ「ひいな」という名前に決めました。 私のように元気いっぱいな女の子に育ってほしいからです。
(栃木県佐野市の大高妃衣菜さんより)



モミモミ

★フタユビナマケモノ(不明)★
名前…もみ
9月うまれから、日本の秋に愛される木(もみじ)
から2文字をもらい、うまれた地でもたくさんの人の愛を感じて育ってもらいたいと、考えました。
(埼玉県東松山市の石川葵さんより)






スマイルスマイル

★フンボルトペンギン(♂)★
名前…スマイル
動物公園に来た方々を笑顔にしてくれる人気者になってほしいという願いを込めました。
(埼玉県和光市の齋藤久美子さんより)




 

 

マヌルネコ「レフ」が引越しました。

レフ東山動植物園にも会いに行ってくださいね

 マヌルネコの「レフ」が2月5日に東山動植物園に引越しました。
 東山動植物園には現在メスが飼育されていて、その個体とのペアリングが目的です。1つの動物園では飼育できる頭数が限られていますから、飼育している複数の動物園が協力して繁殖に取り組むことで、遺伝的な多様性が維持できるのです。
 当園では現在、レフとの繁殖に適した個体がいないので、今回の引越しとなりました。
 これからもずっと動物園でマヌルネコを見て、彼らの野生での暮らしや生活環境のことを考えてもらえるように、うれしい報告を期待したいと思います。