ニュース詳細

2018.7.14

マナヅルが来園しました(ツル舎)

マナヅルそっと見守ってあげてください

 7月6日にメスのマナヅルが1羽来園しました。この個体は2月に島根県に飛来した野生由来の個体です。
 越冬のために飛来した個体ですが、負傷してしまい保護されたということでした。野生復帰は困難ということで当園にて収容飼育することになりました。
 野生由来のため人を見て驚いてしまわないか心配でしたが、比較的落ち着いており餌を食べる量も徐々に増えてきています。
 この個体を含めて当園では4羽のマナヅルを飼育しています。日本国内に飛来するツルではタンチョウに比べるとちょっと知名度が低い種ではありますが、繁殖期には目のまわりが赤く映えとてもきれいな鳥ですのでぜひ観察をしにご来園ください。

 

 

コキサカオウムとオカメインコの展示を再開しました!(東園ピクニック広場)

 東園のピクニック広場では、小型から中型のインコやオウムを展示しています。 その中で春から展示を一時中止していた、コキサカオウムとオカメインコですが、 小屋の整備を行い、7月10日(火)から展示を再開しました!
 どちらも頭に「冠羽(かんう)」という飾り羽をもつオウムの仲間です。 特に、コキサカオウムは白い体に映える、きれいな黄色い冠羽が特徴です。
 また、オカメインコはこの春にうまれた若鳥たちも展示デビューしました! まだ少しぼやけた色をしていますが、成長していくにつれて体の色もはっきりしてきます。若鳥が見られるのは今のうち!ぜひ大人とのちがいも見比べてみてくださいね!
オカメインコ   コキサカオウム
オカメインコの若鳥   コキサカオウム