ニュース詳細

2018.10.5

レッサーパンダの赤ちゃんを公開します (レッサーパンダ舎)

レッサーパンダ親子お母さんのハナビと一緒!

 10月13日(土)午前11時からレッサーパンダ舎の室内展示室でお母さんのハナビと、6月に生まれたメスの赤ちゃんを公開します。
 公開は1時間程度を予定していますが赤ちゃんの様子次第で終了時間がかわる事があります。同時にレッサーパンダ舎で名前投票も開始します。 募集期間は13日(土)から21日(日)まで。動物園で用意した5つの名前の候補から投票していただき1番多くの票を集めた名前に決定します。
 10月14日以降は午後2時からの展示になります。公開時間が変わりますのでご注意ください。
 

 

実習生にガイドをしてもらいました(なかよしコーナー)

カワウソガイドカワウソたちも興味津々!

 9月16日(日)から26日(水)までなかよしコーナーで学芸員実習をしていた、帝京科学大学の高橋佑太くんが、 9月24日にコツメカワウソのガイドをしてくれました。カワウソたちも興味津々でお話のあいだ、ガラスに張り付いていました。
 高橋君のコメントです。「なかよしコーナーを担当させていただきました。学芸員実習では、普段体験することのできない飼育係側での動物園を経験することができました。 10日間の短い期間ではありましたが、コツメカワウソを筆頭に様々な動物について学びました。来園者の方々にカワウソについてガイドする機会があり、多くの経験を得た実り多き実習になりました。」
 

 

実習生の作品(乳牛コーナー)

マーラ看板似てるかな?

 9月21日から10月1日まで、乳牛コーナーで学芸員実習をしていた帝京科学大学の篠原祐樹くんが、マーラの看板を作ってくれました。
 以下は篠原くんからのコメントです。「背中の模様の部分が一番頑張ったところです。本物そっくりに描けたとは言えませんが、看板と実際のマーラをぜひ見比べてみて下さい。」