ニュース詳細

2019.10.28

グンディの赤ちゃんが死亡しました(ecoハウチュー)

グンディの親子

 10月27日の朝、10月24日に繁殖した仔が見えなくなってしまいました。
どこかの隙間に落ちてしまったのかと捜索したところ、岩の裏側にいる仔を発見しましたが、すでに死亡していました。解剖の結果、食べ物がお腹に入っていないことから、栄養が取れなかったことによる衰弱死であることがわかりました。


 24日に繁殖してから親子の様子を注意深く観察していましたが、母親は仔の面倒をよく見ていましたし、父親が攻撃することもなく、とても落ち着いた様子でした。
仔の様子もよく動き、毛並みもよく、元気にしていたことから見守り続けていました。 今回、突然の死亡となってしまい残念でなりません。
 グンディは日本初の動物ですので、もちろん飼育も初めてです。ドイツの動物園から譲り受け、担当者から飼育法を学び、その後群れのトラブルがあったり、新しいペアを組み直したりなど慎重に飼育していたところでの繁殖でした。やはり簡単な事ではないのだと思い知らされました。こらからも今回の経験を踏まえ、より良い環境を整えることで繁殖を目指したいと考えています。