埼玉県こども動物自然公園

クオッカの赤ちゃんがうまれました!

更新日:2020年7月19日
クオッカの赤ちゃん
袋から顔を出した赤ちゃん

クオッカの赤ちゃん誕生!

718日(土)の午後、クオッカの赤ちゃんが顔をだしました。

今年の313日に来園したクオッカですが、3月末にNo.4(メス)の袋の中に赤ちゃんがいるのでは?と予想していました。
環境に慣らしていたため、無理に袋の中の確認はせずそっとしていました。

その後日に日に袋が大きくなり、明らかに赤ちゃんが育っているのがわかりました。
71日に公開が始まり、このメスを見て「もしかして?」と感じた方もいたかもしれません。

昨日めでたく赤ちゃんが顔をだしたところをスタッフが確認しました。
(カンガルーの仲間はとても小さくうまれるため出産の確認が難しく、袋から顔が出た日を誕生日とします)

赤ちゃんはまだまだ小さく毛も少ししかはえていません。
また、お母さんクオッカはこれまで以上に神経質になったり、疲れやすくなったりするため、放飼場に出てくる時間も少なくなる可能性がありますので、ご理解ください。

また、放飼場では、これまで以上に静かでやさしいご観覧をお願いいたします。

関連記事

クオッカの公開と観覧方法について 

世界一しあわせな動物"クオッカ"が来園!

クオッカの名前投票(コンテンツは公開終了しました)

 

お問合せ先

〒355-0065 
東松山市岩殿554

こども動物自然公園管理事務所

電話:0493-35-1234

FAX:0493-35-0248

メールでのお問合せ(外部リンク)

お客様のご意見をお聞かせください

このページは気に入っていただけましたか?

回答いただいた内容の理由や、このページついてのご意見・ご要望ございましたら、ご自由にお書きください。(任意回答・1000文字以内)

ページの先頭へ